選ぶべき薬の代行サイト!

薬というと、病院から処方してもうものというイメージを誰しもが持っています。
しかし、現代では法や環境が整備され、ネットから薬を通販する時代へと移り変わっています。
とくに多くの人に利用されている通販が、海外から商品を購入しておこなう個人輸入を代わりに行ってくれる、個人輸入の代行通販サイト(通称:代行サイト)です。

欲しい薬を安全に購入するには、どんな代行サイトがオススメなのでしょうか。

【おすすめ代行サイトBEST3】

1位 お悩み宅急便
業界最安値レベルの価格でお財布に優しい!

2位 エイドワン
個人輸入初心者でも使いやすい!

3位 お薬なび
2009年から続く信頼の運営実績!

おすすめ代行サイトBEST3|基本情報&おすすめポイント

利用する代行サイトを決める時、最重要視するべきポイントは本物の商品が届くサイトなのかどうか。
本サイトおすすめの代行サイトは本物を取り扱っている商品かつ、価格の安さサイトの見やすさ運営歴といったさまざまな視点を踏まえて選定しています。

おすすめサイトを参考に、自分にあった代行サイトを見つけましょう。

お悩み宅急便

お悩み宅急便
◆基本情報◆

サイトURL https://240kanko.com/
商品数 600商品以上
商品価格 ・ED治療薬:179~1,875円/錠
・AGA治療薬:34~560円/錠
・睡眠薬:27~247円/錠
運営歴 2015年~

◆オススメポイント!◆
代行サイト業界で最安値レベルの商品を販売している代行サイト。
サイト内には「はじめての方へ」というはじめて個人輸入をおこなう人のためのページや、「ショッピングガイド」というはじめてサイトを利用する人のためのページがあります。
個人輸入とはなにか、どんな手順で商品を購入するのかを、はじめての人に寄り添った内容で書かれているため、初心者におすすめのサイトです。

エイドワン

エイドワン
◆基本情報◆

サイトURL https://www.joa2020.jp/
商品数 400商品以上
商品価格 ・ED治療薬:54~1,875円/錠
・AGA治療薬:34~435円/錠
・睡眠薬:27~247円/錠
運営歴 2021年~

◆オススメポイント!◆
サイトの見やすさは数ある代行通販サイトの中でもピカイチ。各カテゴリには選び方が記載されているため、どの治療薬を購入しようか悩んでしまう人は一度確認しておきましょう。
LINEのアカウントをお友達登録すると毎月お得なクーポンが届きます。
安く医薬品を購入した!使いやすいサイトってどれ?という人におすすめです。

お薬なび
◆基本情報◆

サイトURL https://okusurinavi.shop/
商品数 1,500以上
商品価格 ・ED治療薬:180~1,575円/錠
・AGA治療薬:34~346円/錠
・睡眠薬:27~246円/錠
運営歴 2009年~

◆オススメポイント!◆
2009年からある運営歴の長い代行サイト。
クーポンやポイントが得られるチャンスが多いため、使い方によっては表示価格よりさらに安く商品が買えます。
どの商品を購入しようか悩んでいる人は、売れ筋ランキングをチェック。
商品カテゴリごとにランキングがあるため、欲しい商品カテゴリで一番売れている商品がわかります。

代行サイトの選び方で結果は決まる!

サイトの選び方

本サイトオススメの代行通販サイトは、選んではダメなサイトの特徴に1つもあてはまっておらず、かつ選ぶべきサイトの特徴に複数あてはまっているかで判断しています。

代行サイトから薬を購入する時、その薬が本物か偽物かという問題は付いてまわるもの。
本物であれば薬の効果が得られて症状を改善できますが、偽物であれば症状は改善できずムダにお金が飛んでしまいます。

それを決定づけるのが購入するサイト選び。
本物を取り扱っているサイトから薬を購入できるかどうかで、待っている結果が決まるのです。

選ぶべきサイトの特徴

本物を扱っているサイトには、次の特徴が多くみられます。

「特定商取引」の記載がある

どの通販サイトも、購入者が不利にならないようにサイトやサイト運営者の情報を記載しなければならないと、特定商取引法によって定められています
これらは「特定商取引」という表記でサイト下部に記載されているサイトが多いため、確認しましょう。

「メーカー正規品100%」の記載がある

サイト内、とくに目につく場所に「メーカー正規品100%」の記載があります。
メーカー正規品とは、製薬会社が認めた販売店によって扱っている商品のこと。
そのため、商品は本物であり、この記載があるサイトは安心して薬を購入できるのです。

クレジット払いに対応している

支払い方法にクレジット払いを設けるためには、代行サイトがクレジット会社の審査をパスする必要があります。
そのため、クレジット払いのあるサイトはクレジット会社の信頼を得ているサイトといえます。

プライバシーが守られている

本物を取り扱っているサイトは、利用者の信頼を一番に考え、プライバシーの厳守を徹底しています。

サイトのURLが「https://」からはじまっているか確認しましょう。
sがついているということは、サイト内の通信が暗号化されているということであり、外部に情報が漏れる心配なく、安全に利用できます。

長期的な運営実績がある

サイトがいつから運営をはじめているのかも、安全に利用できるサイトかを判断するための材料となります。
運営歴が長ければ長いほど、それだけ多くの人に利用してもらっており、リピーターも多いサイトとなります。
リピーターが多いということは、本物を取り扱っているサイトという証拠です。

選んではダメなサイトの特徴

次の特徴が1つでも見られると、偽物を扱っているサイトとなります。

価格が極端に安い

悪徳サイトは、できるだけ多くの人からお金を巻き上げようと、購入ボタンを押したくなるようなサイトを作ります。
なにかを買う時は、できるだけ安いものを選んでしまうのが人の心理。
それを利用して、価格を低く設定している悪徳サイトがあります。
代行サイトにおける相場より極端に安く販売しているサイトは、悪徳サイトとなります。

成分量が正規品と異なる

人は薬に含まれている成分の量が多ければ多いほど、効果が得られるのではと考えてしまいます。
その考えを利用する悪徳業者は、商品の成分量を正規品より多く表記している場合も。
ほかのサイトにはない成分量を取り扱っているサイトは利用しないでください。

商品の到着が早い

代行サイトから薬を購入すると、入金確認後に海外から商品が発送されています。
国をまたいでの配送となるため、発送から商品到着までは1~2週間ほどかかってしまいます。
発送から商品の到着までの期間が1~5日などと表記しているサイトは、国内から発送している可能性が高く違法となるため、利用は避けましょう。

おなじサイトが2つもある!?

どんなに注意を払っていても引っかかってしまうのが、本物が買えるサイトと瓜ふたつの偽サイトです。
URLの1文字が異なっている場合が多く、見た目はおなじであるため、見分けることが難しいとされています。

本物と似た偽サイトを利用しないためにも、利用したサイトはブックマークしておき、本物が届いたサイトはブックマークから開くようにしましょう。

薬の通販は違法?

Amazonや楽天といった大手通販サイトでも、薬の取り扱いをみかけるようになりました。
国内の通販サイトでは、2014年に法律が改正され、病院処方レベルではない一般用医薬品の取り扱いが可能となりました。

ですが購入できるのは一般用医薬品のみであり、医師の処方せんが必要とされる医療用医薬品は購入できません
そこで注目したいのが代行サイトです。

海外の薬の個人輸入を代わりにおこなってくれるサイトと聞くと、そんなところで本当に薬を買ってもいいのかと不安になってしまいます。
しかし、薬の個人輸入は国に認められている方法です。
代行サイトは薬の販売ではなくあくまでも海外業者と購入者の間に入り、個人輸入を代行してくれるサイトであるため、違法ではありません。

商品によっては病院処方薬レベルの薬も買えるため、さまざまな理由から病院に行くのをためらっている人には、代行サイトの利用がおすすめです。

◆購入できる薬◆ 病院処方レベル 一般用医薬品
国内通販 ×
代行サイト

病院処方と通販購入で迷ったらいい点・わるい点を見る!

メリットとデメリット

薬の入手は、病院からの処方か代行サイトからの購入かの2択となります。
いくら薬の通販購入が合法といえど、誰しもが一度は経験のある病院処方とはじめて利用する通販購入ではどちらを選ぶべきか躊躇してしまうもの。

そこで、代行サイトから薬を購入することのメリットとデメリットを理解し、通販購入をするか決めましょう。

代行サイトを選ぶメリット

代行サイトからの購入には、病院処方と比べて次のようなメリットがあります。

いつでもどこでも購入できる

病院処方では、ほしい薬を処方してもらえる病院へと時間を作って行かなければなりません。

しかし、通販購入はネット環境さえあればいつでもどこでも購入可能
ほとんどの代行サイトが24時間注文を受け付けているため、空いた時間に注文できます。

処方せん不要

医療用医薬品を病院からもらうためには、処方せんが必須となります。

通販購入では、おなじ医療用医薬品でも海外の商品を購入するため、処方せんが不要
ほしいなと思った時に簡単に代行サイトから購入できます。

品揃えが豊富

病院で取り扱っている薬は、基本的に国の承認がおりているものばかり。
その上取り扱っている薬の種類は在庫を多く抱えない程度となっています。

しかし、代行サイトでは海外のメーカーまたは代理店などと提携しているため、取り扱っている種類は豊富
自分に合った薬がゲットできます。

価格が安い

薬の販売価格はその国の経済水準と国民が負担できる医療費によって決まります。
日本は世界的にみても経済水準が高く、医療制度が整っているため、薬の価格はお高め。

しかし、代行サイトでは、日本ではなくインドやフィリピンといった日本に比べて経済水準の低い国の薬を購入します。
日本の薬を処方する病院に比べ、海外の薬を扱う代行サイトから購入したほうが薬にかかるコストが抑えられるのです。

プライバシーが守られる

病院から薬を処方してもらう時は、病院へと足を運ばなければならないため、道中や院内で知り合いに出くわしてしまう可能性があります。

しかし、代行サイトなら誰にもバレずにスマホ1つで購入可能
プライバシーが守られているため、ED治療薬やAGA治療薬といったコンプレックス系の薬も気負いせずに買えます。

代行サイトのデメリット

代行サイトにはメリットがある反面、デメリットも存在します。

薬の相談ができない

薬は命にかかわるものであるため、医師または薬剤師しか説明をおこなってはいけません
代行サイトには問い合わせスタッフがいますが、医師免許や薬剤師資格を持っていないため、薬に関する相談やアドバイスはできないのです。

薬を注文する前に、サイトの商品ページにある効果や服用方法、副作用といった内容に一度目を通しておきましょう

到着までに時間がかかる

病院では処方せんをもらったその足で、その日のうちに薬局から薬をゲットできます。
しかし、代行サイトでは注文が確定して入金を確認したのち、海外から商品が発送されるため、注文から商品が手元に届くまでに2~3週間ほど時間がかかってしまいます

薬を使う日が決まっているのであれば、到着日を逆算して余裕を持って注文しましょう

偽物のリスクがある

直接商品を受け取れる病院処方と違い、通販購入は画面を隔てての購入となります。
そのため、悪徳サイトに引っかかり、偽物をつかんでしまう可能性も

信用できる代行サイトを知り、本物を安全に購入しましょう

個人輸入のルールと注意点

ルール&注意点

本物を扱っている代行サイトを選べば、薬が簡単に手に入りますが、薬を個人輸入する・代行サイトを使うにはルールと注意するべき点があります。
これらを知らずに代行サイトを利用して個人輸入をしてしまうと、違反になってしまったり、個人輸入をしたいことを後悔してしまいます。

正しく個人輸入をして、気持ちよく商品を使うためにも、代行サイトを利用するまえにルールと注意点を確認しておきましょう。

購入は自己責任

薬の個人輸入は国に認められています。
しかし違法ではないだけであり、国は積極的に推奨しているわけではないため、個人輸入でおこった出来事はすべて自己責任となります。
偽サイトに騙されてお金を取られたり、届いた薬の副作用で障害が残ってしまったりしても、国が介入したり、医薬品副作用被害救済制度などの補償を受けられません。

自己責任だからこそ、本物の商品を扱っているサイトを利用し、商品を使う前には用法用量や効果・副作用について知っておく必要があるのです。

参考サイト:税関「個人輸入とは

「購入者=使用者」でなければならない

個人輸入とは、個人が自己の使用のために海外から商品を購入することです。
そのため、購入者と使用者は同一人物でなくてはなりません
自分で自分の分を個人輸入するのは問題ありませんが、次のような個人輸入は禁止とされています。

・商売目的の輸入
・誰かに譲るために輸入
・誰かと共同で輸入

商売目的の輸入は、その名の通り商売をするためであり、個人の利用のためではないため禁止です。

輸入した商品を誰かに譲るのも、購入者=使用者という公式を無視したものとなるため、NG
しかし、購入者(使用者)に直接届く形で注文だけを代わりにおこうのは、購入者=使用者となるためOKとなります。

誰かと一緒に輸入しても、商品のお届け先はどちらか1人にしか届かず、届いた商品をもう1人に渡す形になりそこで金銭のやり取りが起こります。
商売目的の輸入とおなじになってしまうため、禁止なのです。

「海外業者から購入者へ荷物が届く」が基本!

NGな個人輸入を踏まえて代行サイトをみると、購入した商品は海外の業者から直接購入者(=使用者)へと届かなければなりません

代行サイトは商品の注文と個人輸入の手続きを代わりにおこなうサイトです。
海外の業者から代行サイトを経由して商品が届く場合は、代行サイトから商品を買っていることになるためNG。
代行サイトが商売目的で輸入していることになってしまします。

海外の業者から直接商品が送られる代行サイトを利用しましょう。

更新日:

Copyright© 【最新】薬の個人輸入おすすめサイト一覧|口コミ・ランキング・情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.